とある日。

出会い系で2件アポ。

1件目はあんまり期待してなかったけど、会ってみるとすごくいい子!
カフェ→カラオケまで行ったけど、普通に継続したいと思ったのでぎらつかずに食いつきを上げることに専念。
次に遊びに行く約束をして放流。
その後、相手の方からお礼の連絡あり。やっぱりある程度満足したアポが過ごせたら相手から連絡がくるというのは本当だった!


2件目はひどいアポ。
事前の写メであんまり可愛くないことは分かってたけど、メールではものすごい食いつきを見せてたので多少期待してた。
でも、実際は時間に遅れてくるし、かなりの人見知り。
カラ打診するも、本屋に行きたいと言い張り、付き合った後にカラオケには行けたが人見知りがひどすぎて隣にも座れず。
可愛ければ何とか頑張ろうという気も起きたけど、モチベーションが全くあがらず。
たまに連れ出した女の子が俺に興味を無くしてケータイをいじり始めるけど、そんな子たちの気持ちが良く分かるアポだった。反面教師にして自分を磨こうと思う。

このアポの反省点は、会って最初の1分で相手の自己中なところを見抜いて、本屋へは行かずに俺の方針を押し通せなかったこと。今回は相手にあんまり時間がなかったことに加えて、食いつきを上げて継続したいと思う案件ではなかったので、その場でトークをしてボディタッチ等で即れそうか確認したうえで、無理そうなら適当にマックとかで30分くらいトークして放流するべきだった。
女の子にとっても無駄な時間と金を使わせてしまったのでlose-loseの最低の結果。


その後、ストへ。
2件目のアポの後でテンションがた落ちだったので、サイトのメールメンテしながら地蔵。
ぼちぼち声かけするもガンシカの嵐。
今日は全く連れ出せる気がせずに死亡。
メンタルが弱すぎる。動じない精神を作らねば。


【結果】
43声かけ、結果なし
出撃時間:2時間30分
声掛時間:2時間30分

【感想】
・「どこ行くん?」くらいしか言えないwあとは持ち物をいじるくらい。もっと工夫。
・立ってる子に「待ち合わせ?」で反応をとっても、相手がすぐ来ると分かると引いてしまう。連れ出せなくても、バンゲ狙いとトークの導入の練習のために踏ん張るべき。戦略的撤退というよりは、心理面での逃げの姿勢になってる。
・出会い系と比べて、ストリートの難しさに圧倒されている感がある。
出会い系は1人1日5分のメールメンテに、2時間×3回もアポを重ねればある程度ゲットできる。1即で6~7時間。一方ストリートは俺の場合300人声を掛けて1即。1時間20人声かけしても15時間。土日に8時間ずつ出て、ハイペースで声かけし続けてやっと1即できる計算。
確率が悪くなると「俺何やってるんだろう・・・」と不毛な時間を過ごしてる感があって虚無感に襲われる。
ナンパへのモチベーションが高いうちに、ある程度確率を確保しないと、長期的にはストリートから撤退することになりかねない。

下手の考え休むに似たり。悩んでることは教材を読み込むか、好きさんに相談して、とにかく「やるべきことをひたすらやる」ことに徹する。


【5月累計】
271声かけ

月900声かけまで残り629声かけ。